アリプロ 住まいを守るシロアリ駆除のプロフェッショナル

シロアリ駆除業者の詐欺手口とは?気を付けたい5つのポイント

最終更新日:

・シロアリ駆除では悪徳業者って存在する?

・悪徳業者にはどんな特徴があるの?

シロアリ駆除業者の中にも残念ながら悪徳業者というものは存在します。シロアリ駆除工事は床下での作業が基本となるため、正しく工事がおこなわれたのかどうかはお客様側で判断しづらい場所でもあります。

この記事では累計4万件以上の床下工事実績を持つアリプロが、悪徳業者の特徴や書類などで確認すべき点についてまとめました。

これからシロアリ駆除工事を検討されている方は、こうした被害に遭わないためにぜひ内容をご確認ください。

また東京23区、千葉県、埼玉県南部、茨城県南部でシロアリ駆除を検討中の方はぜひアリプロにお問い合わせ下さい!創業35年、累計4万件以上の実績を持つアリプロでは、確かな品質のシロアリ駆除工事をお約束いたします。

無料点検の申し込み
問い合わせはこちらから

シロアリ詐欺業者との出会い

シロアリ駆除に限らず、悪徳業者は訪問販売で訪ねてくるケースが非常に多いです。もちろん訪問販売の業者すべてが悪いわけではありませんが、割合としては圧倒的に多いでしょう。

こうした訪問販売業者は、「今日だけ」「無料キャンペーン」といった言葉を使いながら、言葉巧みにお客様の住宅に上がり込もうとします。一度住宅に上げてしまうと、そこから様々な手を使い契約へと漕ぎつけようとしますので、まずは訪問販売業者はご自宅に上げない事が重要です。

シロアリ詐欺業者が使うトーク例

・この地区限定の無料キャンペーンで床下点検をおこなっています。

・ご近所でシロアリ被害があったので、今日だけ無料で点検しますよ。

・役所から委託(嘘)されてこの地区の床下点検をおこなっています。

また、本来はシロアリ駆除の契約が目的であるにも関わらず違う目的や販売を装って訪問してくる業者も存在します。

たとえば住宅の通風口に取り付ける防虫ネットなどが良い例です。1枚3,000円程度で販売をおこなっており、それ位なら良いかとお願いすると床下に入って取り付け作業後、「床下にシロアリ被害がありました」等と嘘を伝えて契約を迫ります。

もちろん親切心で伝えている業者の可能性もありますが、すぐに契約をするのではなく他業者にも床下点検を依頼するなど落ち着いた対処が必要です。

ちなみに販売目的であるにも関わらずその趣旨を伝えなかったり、事実とは違う情報を伝えて契約を迫る行為は「特定商取引法」に違反する行為となるので覚えておきましょう。

シロアリ詐欺業者の床下点検

床下は普段見ることができない場所なので、悪徳業者はそこにつけこみます。床下点検後には口頭で「シロアリ被害がある」「湿気がとても強い」などと言って不安を煽り契約を迫ります。

まず口頭だけで床下状況を伝えてくる業者は注意が必要です。現在のシロアリ駆除会社の基本は、デジカメなどで床下状況を撮影してそれをお客様にお見せします。

ちなみにアリプロでは以下の動画のように撮影した写真をテレビなどに繋ぎお客様にお見せしながら状況を説明いたします。

また床下の状況を写真で見せてくれたとしても、その写真が本当にあなたの家の床下なのかという点にも注意しましょう。

日付が表示されるタイプのデジカメなら問題ないですが、日付が無い場合にはお客様の私物を調査員に渡し一緒に写真におさめてもらうなどすれば間違いありません。

一般的なシロアリ駆除の調査方法については以下の記事をご覧ください。

シロアリ詐欺業者の契約

悪徳業者はお客様に冷静に検討されるのを嫌うため、必ず即決契約を迫ります。また即決をする事でお客様に何らかのメリットがあるように見せかけます。

即決を迫るトーク例

・今日契約してくれれば特別に○○円値引きします。

・今日契約してくれれば○○工事をサービスで実施します。

このような事を言われても、決してその場では契約をせず検討する期間を設けましょう、また場合によっては他業者でも点検を実施し、見積もりを比べてみることも大切です。

もし上記のようなケースでその場で契約をしてしまっても、日本には「クーリングオフ」という制度があります。これは訪問販売などの場合には8日間であれば契約を破棄できる制度です。書面やメールで相手に通知する必要がありますが、この制度を利用すれば無条件で契約を破棄できますので覚えておきましょう。

また上記のクーリングオフを適用させない為に、契約日を前倒しに記載する業者も存在します。たとえば7月15日に契約をしたのに、契約書の契約日欄を7月5日と記載するなどです。契約書を取り交わす際には、必ず契約日も注意して確認するようにしましょう。

またクーリングオフの連絡を入れた際には「すでに材料を発注してしまったから材料代だけ支払って欲しい」などと言われる可能性がありますが、これにも一切応じる必要はありません。

シロアリ詐欺業者の工事

床下工事は目で確認する事ができないため悪徳業者を見抜くことは非常に困難です。とはいえ、通常の戸建て住宅であれば少なくとも準備からはじめて2~3時間は要します。1時間程度で作業が完了するなら悪徳業者の可能性もあるので注意が必要です。

また悪徳業者の場合は工事日に「一緒にこの工事もやった方が良い」などと追加工事の契約を迫る場合もあります。さらに悪質なのは「この工事も必要だったので一緒におこないました。○○円追加で発生します」などのパターンです。

当然ですが追加工事にもクーリングオフが適用されるので、こうした代金を支払う必要は一切ありません。

シロアリ詐欺会社のアフターフォロー

シロアリ消毒をおこなうと、通常であれば5年間の保証が付きます。(雨漏りやシロアリ被害が甚大なケースでは保証が付かないこともあります)

この保証期間中には定期点検を実施してくれる業者がほとんどです。しかし悪徳業者の場合には工事をしたらそれっきり点検もない業者も存在しますので、契約前に確認しておきましょう。また定期点検の回数は業者によって様々なので、業者選びの際のポイントとしても覚えておきましょう。

またシロアリ消毒後の定期点検はあくまでも「シロアリの発生はないか?」を確認する場です。しかし定期点検をおこなう度に「この工事もやった方が良い」などと追加契約を迫ってくる業者には注意が必要です。

もちろん状況が悪化して他工事が必要になるケースもありますが、その場合にも他業者で改めて見積もりを取るなどして落ち着いた対処をおこなうようにしましょう。

まとめ

ここまでにシロアリ駆除会社における悪徳業者の特徴をまとめました。

ただでさえ床下工事は不安を抱きながら進めていく方も多いと思いますので、この記事を読んで少しでも皆様の不安を取り除けたら幸いです。

またアリプロは創業35年、累計4万件以上のシロアリ駆除実績があります。東京23区、千葉県、埼玉県南部、茨城県南部のシロアリ駆除はアリプロへお任せください。床下点検・お見積もりは無料でおこなっています!

無料点検の申し込み
問い合わせはこちらから

一覧に戻る

シロアリ駆除
安心の施工実績
42,5272023年3月末

東京(23区)・千葉全域・埼玉・茨城対応

アリプロは、お住まいの安心・安全のため長年地域に密着してきたシロアリ駆除・予防のパートナー。しろあり防除施工士の自社スタッフが高い品質の施工を行っています。他社では追加費用が発生する多くのオプションを基本料金に含めた明朗会計を実現し、5年間の定期点検と業界最高水準の保証も完備しています。
※埼玉県と茨城県は一部地域での対応となります。

東京(23区)・千葉全域・埼玉茨城対応
無料点検実施します。

シロアリ・羽アリ
を徹底駆除!

創業30年のアリプロに
お任せください。

※埼玉県と茨城県は一部地域での対応となります。

無料点検の申し込み
問い合わせはこちら