アリプロ アリプロ


最新の施工状況



施工事例の詳細

ABOUT ARIPRO

アリプロとは

アリプロフェッショナル(アリプロ)として、
シロアリの発生などの住宅に関する様々なお悩み・トラブルを解決するサービスです。

ARIPRO's POINT

6つのこだわりで
シロアリを徹底駆除


アリプロは6つのこだわりでシロアリを徹底的に駆除・予防します。

総合的な床下点検

床下に入り、シロアリの被害状況やリスクを総合的に調査・点検します。写真を撮影して丁寧に床下の状況をご説明します。

完全自社施工

アリプロは下請け業者を使うことはありません。お問い合わせ対応から点検、施工、アフターサービスまで、すべての工程を責任をもって自社のスタッフが行います。

確かな施工品質

公益社団法人・日本しろあり対策協会の策定したシロアリ防除の工程や処理方法にしたがって対応します。

5年間保証と定期点検

アリプロでは、施工後に「修復保証」と「再処理保証」が5年間適用されるほか、1年に1回(5年保証なら5回)の定期点検を行います。

しろあり防除施工士が対応

アリプロのスタッフは「しろあり防除施工士」など多数の認定資格を保有。害虫や住宅の専門知識を活用して対応します。

ISO9001取得

アリプロを提供する株式会社セスコは、ISO9001(品質マネジメントシステム)を取得。お客様に満足・安心頂けるようにサービスの改善に努めています。

関東エリア(東京・埼玉・千葉)で営業中!無料調査・点検します!

まずはお気軽にご相談ください

0120-52-6006

受付時間:8:30~17:30(水曜定休)

ARIPRO's METHOD

シロアリ駆除・予防の施工方法

  • 木部吹き付け処理

    木部吹き付け処理

    シロアリの被害に合うのはシロアリが主食とする木部(セルロース)です。そのため「木部処理」がシロアリ対策の最も基本となり、日本シロアリ対策協会も推奨しています。木部吹き付け処理では、シロアリが加害する恐れのある床下の木部全体に専門の薬剤を散布して、シロアリの被害を防ぎます。この処置をすればシロアリが床上に上がってくるのを防ぐこともできます。


  • 木部穿孔注入処理

    木部穿孔注入処理

    既に床下の木部にシロアリ被害が発生している場合は、ドリルで木部に穴をあけ、内部に専門の薬剤を注入します。これを穿孔注入処理と呼びます。木部内部にまで薬剤を十分に浸透させる事により、シロアリの駆除効果を高めます。


  • スラブ処理

    スラブ処理

    玄関や浴室(在来)のタイル目地に穴をあけて、その下の土間部分まで専門の薬剤を注入します。お家の作りにより処理場所の数が増減します。


  • 土壌処理

    土壌処理

    シロアリは土中を通って建物内に侵入してきます。そこで、シロアリが通過する恐れのある床下の土壌に専門の薬剤を散布し、シロアリの侵入を防ぐのが土壌処理です。床下がコンクリートの場合も同様の処理を行い、床下にバリアを張ります。土壌処理も、日本シロアリ対策協会が推奨するシロアリ対策の最も基本的な処置の1つです。

FLOW

無料点検と施工の流れ


お問い合わせを頂いた後、お住まいの無料点検をさせていただきます。
お住まいの現状把握を行うことで、お客様に合った最適な施工をご案内します。

   
1

お問い合わせ


お電話またはメールにて、現在の状況やお悩みなどをお聞かせ下さい。追って担当者よりご連絡し、調査に伺える日時を調整いたします。


お問い合わせはこちらから

2

ご訪問・無料点検


事前に打ち合わせした調査日に訪問し、無料の床下点検をおこないます。床下以外でも住宅に関するお悩みなどをお聞かせ下さい。

3

状況説明・お見積もり


点検結果をデジカメなどを活用しお客様に報告いたします。また、点検結果をふまえてお客様に最適な施工プランをご提案・お見積もりいたします。

4

施工


ご契約となった場合、後日再訪して施工を実施します。お客様宅を汚さぬよう、養生から完了後の清掃まで心を込めて施工いたします。

FREE INSPECTION

無料の床下点検・調査を試してみませんか?

ご自宅にこんな不安やトラブルがある方は、アリプロの床下点検・調査をお勧めします。

  • ① 羽アリ・シロアリを見た

    羽アリ・シロアリ

    4月から5月にかけて発生した羽アリは、シロアリの可能性があります。大きな被害に繋がるため、早めに対策をしましょう。

  • ② 床がフカフカする

    フカフカする床

    床がきしんだり、フカフカして違和感があるときは、床板や柱がシロアリ被害を受けている可能性があります。

  • ③ 最後の消毒から5年以上経過した

    消毒

    シロアリに使用する薬剤の有効期限は5年のものが多いです。最後の消毒から5年経ったら点検・調査を行いましょう。

  • ④ 水漏れ・床下浸水したことがある

    床下浸水

    シロアリは湿気を好む習性があります。水漏れや床下浸水を起こした後はシロアリが発生する可能性が高くなります。


1つでもあてはまる方は、
次の電話番号やWebフォームよりお気軽にご相談ください。

※ 床下点検・調査の内容や事前準備については、「シロアリの調査ってどんな事をするの?事前に準備は必要?」をご参考ください。
※ 床下への入り方は「床下への入り方を4パターン紹介!点検口がない場合には?」をご参考ください。
   
自宅でシロアリを見つけたら?

自宅でシロアリを見つけたら、穴を塞ぐ、羽アリを掃除機で吸い取るなど、冷静に応急処置をした上で無料点検を申し込みましょう。一方で、絶対に自分でしてはいけないこともあります。詳しくはしろあり防除のプロが解説するコラム記事をご覧ください。

コラム記事「シロアリを見つけても絶対にしてはいけない行為とは?」はこちらから


AREA

アリプロの対応エリア

千葉・東京・埼玉エリアを幅広くカバーしています。

千葉県

千葉市、銚子市、市川市、船橋市、館山市、木更津市、松戸市、野田市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、習志野市、柏市、勝浦市、市原市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、鎌ケ谷市、君津市、富津市、浦市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市、大網白里市、酒々井町、栄町、神崎町、多古町、東庄町、九十九里町、芝山町、横芝光町、一宮町、睦沢町、長村、白子町、長柄町、長南町、大多喜町、御宿町、鋸南町

東京都

新宿区、足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区

埼玉県

八潮市、川口市、吉川市、春日部市、さいたま市、越谷市、蕨市、和光市、戸田市、松伏町、川越市、富士見市、朝霞市、ふじみ野市、草加市、志木市、三芳町、三郷市、新座市


掲載の無い地域も対応可能なことがあります。お気軽にお問い合わせ下さい。

関東エリア(東京・埼玉・千葉)で営業中!無料調査・点検します!

まずはお気軽にご相談ください

0120-52-6006

受付時間:8:30~17:30(水曜定休)




KNOWLEDGE

シロアリとはどんな生き物?



シロアリの発生時期


シロアリの中で圧倒的に被害が多いのは、日本のほぼ全域に生息するヤマトシロアリです。
ヤマトシロアリは、毎年4月の終わりから5月にかけて羽アリとなって飛び立ちます。これを群飛(ぐんぴ)と呼びます。


シロアリの発生時期

4月~5月に羽アリの群れを見たらヤマトシロアリだと思ってまずま間違いありません。
ただ、羽アリが飛び立ってもシロアリが居なくなるわけではありません。
羽アリになるのは2~3%で、残り97~98%のシロアリはそのまま住宅の木材を食べ続けています。


シロアリ発生時期の詳細はコラム記事「シロアリの活動時期と発生時期はいつ?」をご覧ください。




シロアリの階層


シロアリは、役割に応じた階層のある「社会性昆虫」です。



働きアリ(職蟻)


働きアリ(職蟻)

巣の中のおよそ95%を占めるのが働きアリです。
一般的にシロアリと言われるとこの働きアリの姿を想像される事が多いです。
エサを集めたり巣を作ったりするのが主な役割です。



兵隊アリ(兵蟻)


兵隊アリ(兵蟻)

巣の中のおよそ2%~3%が兵隊アリになります。
頭部が大きく発達してハサミのようになっており、色は茶色がかっています。
普段は何もしておらず、外敵が表れたときに巣を守る役割を担っています。



羽アリ(有翅虫)


羽アリ(有翅虫)

4月~5月に巣の中の2%~3%がこの羽アリとなり飛び立ちます。
ヤマトシロアリは一つの巣の中に数万匹で生活しているので、2%といってもかなり大量の羽アリが飛び立ちます。
体の色も羽も黒色なので黒アリの羽アリと間違われる事も多いですが、
これは紫外線から身を守るためにメラニン色素を含んでいるからです。



女王アリ


女王アリ

女王アリはシロアリというよりも芋虫に似たような姿をしており、シロアリの卵を次々と生んでいきます。
巣の奥にこもっており人目につくことは少なく、
我々シロアリ駆除会社でも、女王アリを目にするのは珍しいです。




シロアリの被害


ヤマトシロアリは湿った木材を好み、乾燥した木材はほとんど食べません。
主に床下の土中から侵入し、住宅の木材を加害していきます。


シロアリに食害された床下の木部

シロアリに食害された床下の木部


ヤマトシロアリは自然の風や光を嫌うので、自分たちでトンネルを作りながら進んでいきます。
このトンネルは蟻道(ぎどう)と呼ばれます。
住宅に被害がある場合は床下に蟻道が作られている事がほとんどです。


シロアリの蟻道

シロアリの蟻道


蟻道の詳細はコラム記事「【写真21枚】シロアリの蟻道ってどんな見た目?」をご覧ください。





関東エリア(東京・埼玉・千葉)で営業中!無料調査・点検します!

まずはお気軽にご相談ください

0120-52-6006

受付時間:8:30~17:30(水曜定休)