アリプロ 住まいを守るシロアリ駆除のプロフェッショナル

アパートにシロアリが出たら費用は誰が負担?戸建て住宅との違いは?【賃貸アパートのシロアリ問題】

最終更新日:

 

「自分が住んでいる賃貸アパート」や、「自分が管理しているアパート物件」にシロアリが出たら、その駆除費用は誰が負担することになるのでしょうか?

この記事では、アパートにシロアリが出た場合の「シロアリ駆除費用の負担」や、「戸建て住宅とアパートのシロアリ駆除作業の違い」などについて、累計4万件以上の施工実績を持つシロアリ駆除会社アリプロが解説していきます。

アパートに住んでいる方や、アパートを所有している方でシロアリ被害にお困りの方はぜひ参考にして下さい。

 

アリプロは東京23区、千葉県、埼玉県南部、茨城県南部にてシロアリ駆除を行っています!「しろあり防除施工士」の有資格者がお伺いするので確実なシロアリ駆除を実施、アパートの施工実績も多数あります!調査・お見積もりは無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さい!

無料点検の申し込み
問い合わせはこちらから

シロアリはアパートにも発生する?

 

シロアリが発生するのは戸建て住宅というイメージが強いかもしれませんが、アパートでもシロアリ被害は発生します。

そもそもシロアリは木材を好む生き物であり、住宅に使われている木材も餌や巣にするために食害します。

戸建て住宅は床下に木材が使われている事が多いためシロアリ被害が多数発生します。アパートでも、床下空間があれば木材が使われている可能性が高く、そこからシロアリ被害が発生する恐れがあります。

また、「鉄骨造り」のような床下に木材が少ない構造のアパートでもシロアリの被害は起こります。シロアリは基礎などに「蟻道」というトンネルのような物を構築し、そこからフローリングなどの床材、壁材まで到達し、被害を及ぼすケースがあるためです。

戸建て住宅でもアパートでも、シロアリに対するリスクは変わらないことを覚えておきましょう。

シロアリの「蟻道」について詳しくは以下の記事でも解説しています。

 

アパートのシロアリ駆除費用は誰が負担する?

結論から申し上げると、アパートでシロアリが発生し、駆除をおこなう場合の費用は、ほとんどのケースでアパートの所有者(大家さん)が負担します。

もし、入居時の契約書に「シロアリ駆除の費用負担について」などの記載があれば話は変わってきますが、契約書にそのような記載がされている事はまずありません。

ところが、以下の場合のように、「明らかに入居者側に責任がある」とその限りではありません。

 

水漏れや漏水を放置していた場合

シロアリは湿気を好むため、アパートで水漏れや漏水などが起きているとシロアリ被害が発生しやすくなります。

そのため、入居者が原因で水漏れや漏水などが起き、それを放置していた場合にはシロアリ被害の責任が入居者側にもあるといえます。

この場合には、入居者がシロアリ駆除費用の全額もしくは一部を負担する可能性があります。

 

廃材や不用品などを放置していた場合

住宅のなかや敷地内の空き地などに木材や、ダンボールなどの紙質のゴミが放置されていると、シロアリの恰好のターゲットになります。

入居者がそのようなゴミを放置したままにしており、シロアリが発生してしまうと、入居者の管理責任が問われるかもしれません。シロアリ駆除に要する費用も入居者の負担となる可能性があります。

 

以上のように、入居者の管理不足によってシロアリ被害が発生した場合、入居者が費用を負担する可能性もあります。しかし事実として、これまでにアリプロがシロアリ駆除をおこなったアパートでは「入居者側が費用負担する」ケースはありませんでした。

 

アパートでシロアリを発見したら?

賃貸アパートでシロアリを発見するのは、物件の所有者や管理者よりも、毎日その部屋で過ごしている入居者の方である可能性が高いです。

しかし、入居者の方が自分でシロアリ駆除業者を呼んで契約などに至ると後々のトラブルになる危険性もあります。

もし自分が賃貸アパートに住んでおり、シロアリの発生を確認したら、まずは所有者(大家さん等)に知らせるのが先決です。

シロアリは放置すればするほど被害が拡大していきますので、なるべく早めに知らせる方が所有者の方にもメリットがあります。

また室内でシロアリやシロアリの羽アリ等を発見した場合には、殺虫スプレーなどを使用するのは控えましょう。シロアリが危険を察知して散らばってしまい、被害拡大に繋がる恐れがあるからです。シロアリを発見した場合の対処法については以下の記事を参考にして下さい。

 

アパートの床下への入り方は?

戸建て住宅同様に、アパートでシロアリ駆除を行う場合は床下へ入る必要があります。

戸建て住宅と異なりアパートの厄介な点は、アパートの床下への入り方が、建物の構造により多岐に渡る点です。

例えば、1階が4部屋あるアパートの場合、床下の空間が部屋ごとに基礎で区切られていなければ、床下への入口は1ヵ所あれば大丈夫です。1階の部屋のどこかにある床下点検口から床下に入って、シロアリ駆除の工事を行うことができます。

しかし、アパートの床下が部屋ごとに区切られている場合には、4部屋すべてで床下点検口が必要となります。4部屋すべてに床下点検口が予め設置されていれば良いですが、1部屋にしか無い場合には、3部屋に床下点検口を新規設置する必要があります。

このようにアパートは、「床下の構造」と「部屋ごとの床下点検口の有無」によって、工事の流れが大幅に変わるので、注意するようにしましょう。

床下への入り方について、詳しくは以下の記事でも解説しています。

 

アパートのシロアリ駆除作業は?

賃貸アパートでのシロアリ駆除作業は、最も基本となる床下での作業に関しては戸建て住宅と変わりません。

しかし、玄関や浴室などに行う土間処理(スラブ処理)に関しては、1階にある部屋の数によって作業の数量が変わるため、戸建て住宅よりも割高になるケースがほとんどです。

シロアリは、床下の木材だけでなく、湿気の多い玄関や浴室付近の木部も好んで食害します。そのため、玄関や浴室は通常の床下処理だけでなく、タイルの目地等に穴をあけて行う「土間処理」を行って一帯をガードしなければなりません。

 

戸建て住宅なら浴室・玄関の2ヵ所で済む作業ですが、例えば1階に4部屋あるアパートでは、部屋ごとに玄関・浴室の処理をしますので合計8ヵ所の工事が必要です。

そもそも、一般的な戸建て住宅であっても、玄関・浴室の土間処理は別途料金として追加請求する業者が多いです。さらに多くの土間処理が発生するアパートの場合には、より多くの追加料金が発生する可能性が高いです。

そのため、アパートのシロアリ駆除料金は戸建て住宅と比べて割高になりやすいので注意するようにしましょう。

 

※ 当サイトのアリプロは、戸建て住宅については基本料金内で土間処理を行います。アパートなどで土間処理の数が増える場合には改めて見積もりを行わせて頂いております。

 

アパートのシロアリ駆除作業の注意点

アパートでのシロアリ駆除作業で注意しなければいけない点は、1階の入居者の方に協力をいただく必要がある点です。

複数の部屋から床下に入る必要がある場合や、各部屋の玄関や浴室の土間処理が必要な場合は、該当する部屋の入居者全員が揃っている必要があります。あらかじめ予定を聞き、工事日を調整しなければならないため、手間のかかる作業となります。

大規模なアパートの場合には、工事日を2日に分けて実施する事もあります。

 

ここまで聞いて、「シロアリが出た部屋だけシロアリ駆除の工事を行えばよいのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ところが、シロアリがある部屋で発生したということは、既に建物全体にシロアリが侵入し、食害を行っている可能性があります。一部だけ工事しても、危険を察知したシロアリが他の部屋に侵入して被害拡大に繋がる恐れもあります。そのため、シロアリ駆除工事は建物全体に対して行わなければなりません。

このように、賃貸アパートでのシロアリ駆除は、入居者の方に協力を頂く事が多くなりますので注意しましょう。

 

アパートのシロアリ被害を放置すると?

アパートでのシロアリ被害を放置すると、建物価値の下落に繋がり、売却時に損害が生じることがあります。

建物でシロアリ被害が発生していると、4月~10月に大量の羽アリが室内に発生する可能性があるため、入居者からのクレームにも繋がります。

シロアリによって食害された床材や壁材などは張り替えれば一旦は綺麗になりますが、地中の奥深くの巣にはまだシロアリがいますので、すぐにまた被害に遭い、維持管理の費用が膨れ上がることになります。

このように、賃貸アパートでシロアリ被害を放置して良いことは一つもありませんので、発生した場合にはすぐに対処するようにしましょう。

 

アパートのシロアリ駆除はアリプロへ

アリプロは創業35年以上施工実績4.7万件を超えるシロアリ駆除会社です。

 

日本しろあり対策協会に加盟しており、調査・工事を行うスタッフは全員「しろあり防除施工士」の資格を保有しています。床下調査の際は、床下の状況をデジカメで撮影しお客様にお伝えします。

その他にも工事後の定期点検(5年間)1,000万円の修復保証などのアフターサービスも万全で、独自の水害保証も完備しております。

電話は平日・土曜日の8:30~17:30、メールは365日24時間受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

無料点検の申し込み
問い合わせはこちらから

 

 

執筆・監修者

林 翔平

2012年株式会社セスコに入社。シロアリ駆除業務に従事し、延べ2,000件以上の床下調査を実施。アリプロのコラム記事全ての執筆および監修を担当。

【保有資格】
・日本しろあり対策協会「しろあり防除施工士」
・日本健康住宅協会「健康住宅アドバイザー」

 

一覧に戻る

シロアリ駆除
安心の施工実績
47,2782024年3月末

東京(23区)・千葉全域・埼玉・茨城対応

アリプロは、お住まいの安心・安全のため長年地域に密着してきたシロアリ駆除・予防のパートナー。しろあり防除施工士の自社スタッフが高い品質の施工を行っています。他社では追加費用が発生する多くのオプションを基本料金に含めた明朗会計を実現し、5年間の定期点検と業界最高水準の保証も完備しています。
※埼玉県と茨城県は一部地域での対応となります。

東京(23区)・千葉全域・埼玉茨城対応
無料点検実施します。

シロアリ・羽アリ
を徹底駆除!

           

創業35年のアリプロに
お任せください。

※埼玉県と茨城県は一部地域での対応となります。

無料点検の申し込み
問い合わせはこちら