アリプロ 住まいを守るシロアリ駆除のプロフェッショナル

浴室(お風呂)から羽アリが大量発生!原因はシロアリかも?【注意したい在来工法の浴室とシロアリ対処法】

最終更新日:

 

ある日、急に自宅の浴室(お風呂)から羽アリが大量に発生したら、びっくりしてしまいますよね。

でも、日本中のどの家庭でも現実に起きうることです。

その原因はシロアリの可能性が高いです。

特に、羽アリの出た時期が4月~7月頃なら、ほぼ間違いなくシロアリが原因であると推測できます。

この記事では、浴室で羽アリが発生する原因や対処法、そして浴室で羽アリが発生した場合のシロアリ駆除の注意点について詳しく解説していきます。

浴室で羽アリが大量発生してお困りの方は、ぜひ参考にして下さい。

 

東京23区、千葉県、埼玉県南部、茨城県南部のシロアリ駆除はアリプロにお任せ下さい!「シロアリ防除施工士」の有資格者が調査・工事をおこない確実なシロアリ駆除をお約束します。

調査、お見積もりは無料でおこなっていますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

無料点検の申し込み
問い合わせはこちらから

 

浴室から発生する羽アリの種類

シロアリが羽アリになる時期はおおよそ春から夏にかけてになりますが、種類によってやや違いがあります。

日本で最も被害の多い「ヤマトシロアリ」の場合は4月~5月、西日本で被害の多い「イエシロアリ」の場合には6月~7月に羽アリとなる習性があります。

なお、黒アリの羽アリは8月以降に発生する事が多いです。その数も、シロアリのように1度に数十匹から数百匹といった大量の羽アリが発生するのではなく、ごく少量しか現れません。黒アリなら家屋を損傷させるような被害は発生しましせんので、過度な心配は不要です。

つまり、4月~7月の間に大量の羽アリが発生したら、それはシロアリの羽アリである可能性が非常に高いため、対策が必要になります。

シロアリと黒アリの羽アリは見た目もやや異なります。詳しい見分け方については以下の記事を参考にして下さい。

 

注意したい「在来工法」の浴室

シロアリは湿気を好む虫であり、住宅の洗面所や浴室などの水回りで被害が発生しやすい傾向にあります。

特に、住宅の浴室が「在来工法」の場合にはシロアリ被害のリスクが高くなります。

在来工法では、浴室の床面や壁面はタイル貼りされ、タイルの内側には木材が使われます。

新築からある程度の年数が経過すると、タイルのヒビ割れや目地の隙間などから水が漏出し、木材に水分が染み込みます。

湿った木材はシロアリの大好物であり、食害されやすくなります。

在来工法の浴室

在来工法の浴室を解体した写真

また、在来工法では浴室部分の床下が基礎で囲われ、目視することができません。そのため床下点検を行っても被害に気付きにくいという事が挙げられます。

 

ちなみに、近年の住宅の浴室は「ユニットバス」が一般的です。ユニットバスは水漏れのリスクが少なく、床下から浴室の下を確認する事もできる構造となっています。

一般的なユニットバス

ユニットバスを床下から見た写真

  

このため、浴室で羽アリが発生するケースの多くは在来工法の浴室です。ユニットバスのシロアリ被害もゼロではありませんが、リスクは非常に少なくなります。

 

浴室で発生した羽アリの対処法

浴室で羽アリを発見した際に注意したいのは、殺虫スプレーを使用しないことです。

殺虫スプレーを使うと、巣の中にいるシロアリが危険を察知し、その場から離れて住宅の違う場所に移動するなどし、被害拡大に繋がる恐れがあります。

羽アリを見つけたら、掃除機などで羽アリを吸い込むようにしましょう。羽アリとなったシロアリはとても刺激に弱いため、吸い込んだ際の風圧で簡単に死滅します。掃除機の中で繁殖することも無いためご安心下さい。

その後に、羽アリが出てきている場所が特定できれば、ガムテープなどで穴を塞ぐようにしましょう。

余裕があれば羽アリを数匹捕まえておき、シロアリ駆除業者などに見せればシロアリか黒アリか判別してもらうこともできます。

羽アリの詳しい対処法については以下の記事も参考にして下さい。

 

シロアリ被害の保証の状況を確認しよう

浴室で発生した羽アリがシロアリだったら、早急にシロアリ駆除が必要です。

しかし、過去5年以内にシロアリ駆除をおこなっていれば、住宅に保証が付いている可能性があります。その場合は過去に工事をしてもらった業者に連絡をすれば、無料でシロアリ駆除を実施してくれる可能性がありますので問い合わせるようにしましょう。

ちなみに浴室のシロアリ被害は、先述したように被害が見えにくいため再発リスクが高い場所でもあります。

確実なシロアリ駆除を実施したい場合は、シロアリ工事の専門資格である「しろあり防除施工士」の有資格者にシロアリ駆除を実施してもうと安心です。

 

浴室のシロアリ駆除を行う際の業者の選び方

浴室から羽アリが発生したら、床下全体の消毒だけでなく、浴室部分の入念な駆除も必要になります。

ユニットバスなら床下から薬剤を散布する事ができるため作業は比較的容易ですが、在来工法の浴室の場合はタイル目地などに穴を開けて、床面や壁面に薬剤を注入する処置が必要になります。(作業後は穴を埋めるため作業当日に入浴も可能です)

在来浴室の床面に穴をあけて薬剤注入

在来浴室の壁面に穴をあけて薬剤注入

在来浴室の入口ドア枠に穴をあけて薬剤注入

 

在来工法の浴室におけるこのような処理を業者により「土間処理」や「スラブ処理」などと呼びますが、この処理を基本料金とは別の追加料金としている業者が多いので注意が必要です。

特に、料金が格安のネット系シロアリ駆除業者では、基本料金は安く設定しているものの、このような作業で追加料金が発生して最終的な金額が高額になるケースも非常に多いです。

できるだけ基本料金の中に浴室の処理代金も含まれている業者を選ぶようにしましょう。

 

アリプロは東京23区、千葉県、埼玉県南部、茨城県南部にてシロアリ駆除をおこなっています。浴室や玄関の土間処理も通常料金の中に含まれておりますのでご安心ください。調査、お見積もりは無料で行いますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

無料点検の申し込み
問い合わせはこちらから

 

羽アリが発生したら浴室のリフォームは必要か?

浴室から羽アリやシロアリが発生したからといってリフォームが必須という訳ではありません。事実、私たちアリプロがシロアリ駆除を行わせて頂いたお客様でも、シロアリ駆除と同時に浴室のリフォームを行う方は非常に少ないです。

しかし、浴室の交換の目安は新築時より20年程度とされています。もしも現在の浴室を20年以上お使いなら、在来工法からユニットバスにリフォームすると今後のシロアリ被害のリスクを下げることができます。

今後のライフプラン等も含めてリフォームを検討するようにしましょう。

 

浴室の羽アリ、シロアリ被害はアリプロへ

アリプロは創業35年以上施工実績4.7万件を超えるシロアリ駆除会社です。

 

日本しろあり対策協会に加盟しており、調査・工事を行うスタッフは全員「しろあり防除施工士」の資格を保有しています。床下調査の際は、床下の状況をデジカメで撮影しお客様にお伝えします。

その他にも工事後の定期点検(5年間)1,000万円の修復保証などのアフターサービスも万全で、独自の水害保証も完備しております。

電話は平日・土曜日の8:30~17:30、メールは365日24時間受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

無料点検の申し込み
問い合わせはこちらから

 

 

執筆・監修者

林 翔平

2012年株式会社セスコに入社。シロアリ駆除業務に従事し、延べ2,000件以上の床下調査を実施。アリプロのコラム記事全ての執筆および監修を担当。

【保有資格】
・日本しろあり対策協会「しろあり防除施工士」
・日本健康住宅協会「健康住宅アドバイザー」

 

一覧に戻る

シロアリ駆除
安心の施工実績
47,2782024年3月末

東京(23区)・千葉全域・埼玉・茨城対応

アリプロは、お住まいの安心・安全のため長年地域に密着してきたシロアリ駆除・予防のパートナー。しろあり防除施工士の自社スタッフが高い品質の施工を行っています。他社では追加費用が発生する多くのオプションを基本料金に含めた明朗会計を実現し、5年間の定期点検と業界最高水準の保証も完備しています。
※埼玉県と茨城県は一部地域での対応となります。

東京(23区)・千葉全域・埼玉茨城対応
無料点検実施します。

シロアリ・羽アリ
を徹底駆除!

           

創業35年のアリプロに
お任せください。

※埼玉県と茨城県は一部地域での対応となります。

無料点検の申し込み
問い合わせはこちら